手帳活用術

手帳サイズの選び方。持ち歩き用・置きっぱなし用で適切なサイズは?

手帳サイズで悩んでいませんか?

お店に行くと実に様々なサイズの手帳が並んでいます。

A6サイズの小さなものから、中くらいならB6、少し大きめのA5などなど・・・

新しい手帳を選ぶときには、デザインやページ構成だけでなく、サイズについても悩みますよね。

「今まで使っていた手帳では小さすぎたなぁ。もっと沢山書きたいから少し大きめのサイズにしてみよう」

「大きい手帳を使っていたけど、持ち歩くには荷物が重くなってしまうから、もう少し小さめのサイズにしてみよう」などなど。

私の手帳サイズの選ぶ基準は、「手帳を開いたり、書いたりするのはどんな時なのか」ということです。

それぞれの状況によって2つのタイプに分けて考えてみましょう。

【持ち歩きタイプ】と【置きっぱなしタイプ】

手帳を使うのはどんな時なのか、それによって【持ち歩きタイプ】と【置きっぱなしタイプ】に分けられます。

【持ち歩きタイプ】
・手帳は常に持ち歩く
・椅子に座った状態(机・テーブルは無い)、立った状態で手帳を開くことが多い

→A6、B6がオススメ

【置きっぱなしタイプ】
・机やテーブルの上で手帳を開くことが多い
・手帳はあまり持ち歩かない、職場や家に置いたままにする

→A5がオススメ

持ち歩きタイプ

外出先で手帳を開くことが多い場合が当てはまります。バスや電車などで手帳を開くことを想像していただくと分かりやすいと思います。

机がありませんから、片手で手帳を持った状態になることが多いです。書き込みもそのままします。片手で持っても重くなく、開きやすいサイズ…となると、一番良のはA6サイズ(文庫本サイズ)です。大きくてもB6くらいまでが限度でしょう。

いつも手帳を持ち歩きたい場合も、カバンに入れてもかさばらないA6~B6サイズがオススメです。サイズが小さい分、書き込める量が限られているので、使い道や書く内容をある程度しぼっていく必要があります。

置きっぱなしタイプ

職場や家の机・テーブルの上でゆったりと手帳をひらく場合です。

片手で持っている必要もないので、手帳が大きくても問題ありません。得にA5サイズは机に置いた時に全体が見やすいので、オススメのサイズです。

記入スペースも大きいので、手帳にたくさん書き込みたい場合も安心です。予定だけでなく、ライフログや日記など、全てを手帳一冊にまとめることが出来ます。

一方で【持ち歩きタイプ】のようにバスや電車などの椅子に座った状態では、手帳を見ることは出来ても、書き込みはしにくくなります。手帳だけでかなり荷物が重くなりますので、基本的には職場や家に置きっぱなしにするほうが楽です。

自分に合ったサイズを選ぼう

ちなみに私は【持ち歩きタイプ】なので、手帳のサイズはA6サイズ(文庫本サイズ)と決めています。

以前はA5サイズの手帳を使用して、日記やライフログも書き込んでいたのですが、どうしても荷物が多くなってしまうのがイヤで、基本的には家に置きっぱなしの状態でした。

それでもやはり、外出先で手帳を見たいということが増え、サイズをA6に変更してみたところ、とても快適に使えるようになったのです。

今思えば、私は手帳を使いたい状況は【持ち歩きタイプ】だったのにも関わらず、【置きっぱなしタイプ】の使い方をしていたのです。

サイズが小さくなった分、日記は別のノートに書くようになりましたが、そもそも日記の内容を持ち歩く必要は無いということに気が付き、

・手帳→スケジュール管理
・日記→5年日記用ノート(自作)

という使い分けで落ち着いています。

手帳選びの際の一つの参考にしていただけでば幸いです。