手帳活用術

手帳の月間マンスリーに「2つ」の目標を書く3つのメリット

月間マンスリーに目標を書こう!

よく「夢や目標を紙に書くと、叶いやすい」と聞きますよね。

頭の中でぼんやりと思っている目標を紙に書き出すと、目に見えて確認することができるようになるので、目標を意識しやすくなり、結果として目標が達成しやすくなるのです。

目標を書く時は「紙に書いて部屋の壁に貼っておく」よりも、「手帳」に書くのがオススメです。

その理由は、手帳の場合はカレンダー機能があるので、目標を「いつまでに」やるのかハッキリ分かるようになるからです。

1カ月の目標を、月間マンスリーのページに書いておくと、目標をより達成しやすくなります。

今回は、「手帳の月間マンスリーに目標を書く」ことのメリットと、私が実践している具体的な書き方についてご紹介します。

月間マンスリーに目標を書く3つのメリット

①目標を頻繁に見ることができる

手帳を開く時に、自然と目標を見ることになります。

特に、月間マンスリーのページだと、1カ月間、毎日のように目標を見ることができるので、目標を意識しやすくなります。

②期限を1カ月に設定できる

目標に「1カ月」という期限を設けることができます。

目標を立てるときにも、1カ月で達成できるレベルに設定します。

年間ページに大きな目標を書いたり、週間ページに小さな目標を書いても良いのですが、1カ月間というのは長すぎず短すぎず、適度な緊張感を持つことのできる期間です。

長すぎる期間では「まだ十分に時間はある」と思って放置してしまい、「夏休みの最後に一気に宿題を片付ける」ようなことになりかねません。

反対に、短すぎる期間だとあっという間に過ぎてしまいます。「目標を立てたと思ったら、もう期間が終わってしまった。また来週も同じ目標にしよう」では、いつまで経っても先に進みません。

年間ページや週間ページに目標を書く場合には、年間ページの大きな目標を、1カ月単位に落とし込んで、1カ月分の目標を月間マンスリーに書く。1カ月の目標を1週間分に落とし込み、週間ページに書く。などして1カ月の目標を基準にすると良いです。

③目標が達成できたか分かる

これは結果を書く習慣を付けることが前提なのですが、目標とその結果を月間マンスリーに書いておくことで、目標が達成できたのかどうか分かります。

目標が達成できたのかどうかを書いておくと、先月・先々月といった前のページを見たときに、「自分が頑張った記録」をふり返ることができるので、結果は必ず書くようにします。

もし、目標を達成できなかった場合は、次回目標を立てる際の参考にもなります。

月間マンスリーに目標を書くメリット
  1. 目標を頻繁に見ることで、目標を意識しやすくなる
  2. 1カ月という期間は適度な緊張感あるので、目標を達成しやすい
  3. 目標を達成できたか書くと、頑張った自分をふり返ることができる

私のオススメの書き方

私が手帳に目標を書くときには、以下の4つのポイントを意識して書くようにしています。

  1. 目標を2つ書く
  2. 目標は少しゆるめに設定する
  3. 目標を目立たせる
  4. 結果を書く欄を作っておく

目標を2つ書く

目標2つ設定しておくと、1つだけでも達成できると「できた!」という達成感を味わえます。自分を「頑張った!」と褒めてあげることができます。

目標を1つだけしか設定しないと、その目標が達成できなかった時に、「できなかった」という罪悪感を感じてしまいます。1つのことだけに集中しすぎて、ゆとりが無くなってしまいます。

目標が2つあると、一見大変そうに見えるかもしれませんが、どちらか1つだけでも出来れば良いと考えることで、気持ちがラクになります。

私の体験としては、目標を1つに絞るよりも、2つあった方が楽しく過ごすことができます。

人は飽きてしまうこともありますから、保険としての意味でも、「目標2つ」はオススメです。

目標は少しゆるめに設定する

2つの目標は、どちらも1カ月の間に達成できるものを設定します。

目標は「そこまで頑張らなくてもできる」けど「やらないと達成できない」レベルに設定することをオススメします。

これも、立てた目標を達成できなかった場合に、「できなかった」という負の感情が出てしまうのを防ぐためです。

目標は達成するために立てるのですから、せっかくなら「できた!!」とい達成感を味わい、自分に自信を持てるようにしたいですよね。

『ちょっと頑張ればできるレベル』にしておいた方が、結果的には長続きします。小さな目標を繰り返し達成していくことで、気が付けば大きな目標に到達することもできます。

大きな目標を達成したい時にも、まずはそれを小さな目標に分けて、自分が「ちょっとだけ頑張れば、できる」というレベルにしてから実践していきましょう。

私が設定したゆるい目標(1カ月)の例

  • 体重を1kg増やす(痩せすぎ防止のため)
  • ブログを10記事書く

その他、1カ月の目標の例

  • お弁当を作る
  • 新しいレシピ〇個に挑戦
  • ダイエットで〇kg減らす
  • ウォーキング・ランニングを〇回やる
  • 英語に触れる
  • 日記を書く
  • 過去問を1ページやる
  • 朝〇時までに起きる   ・・・など

目標を目立たせる

手帳に書いた目標は、目につきやすいように目立たせましょう。

私は黄色の蛍光ペン(マイルドマーカーのマイルドゴールド)で囲んでいます。

こうすることで、月間ページを開くたびに目標を意識することができます。

結果を書く欄を作っておく

立てた目標を「達成できたのか・できなかったのか」を毎月ふり返りましょう。結果がどうなったのかを把握できないようでは、目標を立てた意味がなくなってしまいます。

目標を立てた時に、一緒に結果を書く欄を作っておくと、1カ月が終わったときにすぐ結果を書けるのでオススメです。

オススメの書き方
  • 目標を2つ書くと、どちらかは達成できる可能性大!
  • 目標は少しゆるめに設定して、できた自分をほめる
  • 目標を色ペンで囲んで目立たせる
  • 結果を書く欄をあらかじめ作っておく

まとめ

いかがでしたか?

月間マンスリーに目標を書くメリットや、私が実践している書き方のコツをご紹介しました。

あたなの手帳ライフの参考になれば幸いです。

手帳の月間マンスリーに習慣トラッカーを書こう!縦型カレンダー活用術縦型カレンダーとは? 私の使用しているプラチナダイアリーの月間マンスリーのページには、左側に日付が縦に並んだカレンダー付いてい...
手帳のカレンダーを線で囲んでみよう!断然「見やすい」使える手帳に月間マンスリーの日付を囲んでみよう 手帳の月間マンスリーには、その月の日付の前後に余白がありますよね。 例えば、この写真...
マスキングテープで手帳インデックスを綺麗に作る方法手帳にインデックスを付けよう! 手帳にインデックスを付けると、ページへのアクセスがグッと簡単になります。 手帳の後ろの方にあるメ...