手帳活用術

手帳で運動を継続・習慣化する3つのコツ。運動未経験から1年でフルマラソン完走をした方法。

あなたは「運動したいけど、なかなか続けられない」という経験をしたことはありませんか?

運動が体に良いのは分かっているけど、時間がない。他にもやらなきゃいけないことが沢山ある。もともと運動が得意ではない。モチベーションが維持できない。…など、仕事や家事などで忙しい中、わざわざ運動運動のために時間を作り、それを継続していくのはなかなか難しいかもしれません。

そんな方にオススメしたいのが、今回ご紹介する「手帳を使って運動を継続・習慣化する方法」です。

私は運動未経験&運動が大の苦手でしたが、手帳を活用しながら少しずつランニングを続けた結果、1年後にはフルマラソンを完走するようにまでなりましした。

運動が苦手でも、経験が無くても、「続けていれば」少しずつ出来るようになります。

この「続けていれば」というのがポイントで、手帳を使うと「劇的に続けやすくなる」のです。続けているうちに、それは習慣になります。習慣化してしまえば、運動はすでに生活の一部になっているはずです。

手帳で運動を継続・習慣化するするコツ

手帳を使って運動を続けるコツは、以下の3つです。

コツ①:運動する目的・目標を書く

コツ②:運動する時間を書く

コツ③:運動した記録を書く

小さな手帳1冊と、ペン1本さえあれば簡単に始められます。

コツ①:運動する目的・目標を手帳に書く

そもそもあなたは何のために「運動したい」と思ったのでしょうか?

まずは、その「目的」を書き出してみましょう。

ダイエットしたい、体力をつけたい、健康のために、マッチョになりたい、異性にモテたい…など、誰に見せるわけでもないので、素直に「○○したくて(なりたくて)運動したい!!」という目的をハッキリさせます。

「目的」を書いたら、次は具体的な数値でその「目標」を書きます。「いつまでに【期限】」「どのくらい【量】」を明確にすることがポイントです。

ダイエットなら、「7月までに」「3kg痩せたい」という感じです。

「目標」が決まったら、それを手帳に落とし込みます。7月まであと3カ月あれば、1カ月に1kgダイエットすれば目標の3kgダイエットが達成できます。

目標は、はじめのうちは無理なく実現できるレベルに設定するのがポイントです。

(ちなみに、私のランニングを始めた当初の目標は「週に3日、外に出てウォーキングする」でした。)

手帳の月間マンスリーに「2つ」の目標を書く3つのメリット月間マンスリーに目標を書こう! よく「夢や目標を紙に書くと、叶いやすい」と聞きますよね。 頭の中でぼんやりと思っている目標を紙に...

コツ②:運動する時間を手帳に書く

運動する時間を確保します。

そのために、手帳に運動する時間を書いておきます。手帳には様々なタイプがありますが、時間軸が分かりやすいにバーチカルタイプがオススメです。

手帳に書くことで、頭の中で「なんとなく、やらなきゃいけないと思っている」ということが目に見えるようになり、実行しやすくなりなります。

「この日の、この時間に運動する」と決めておくと、その他の予定は別の時間に入れたり、先に出来ることは済ませておいたりできるので、効率的に時間が使えます。

コツ③:運動した記録を手帳に書く

運動をしたら、手帳に「運動した記録」を書いておきます。

運動を続ければ続けるほど記録が増えていくので、自分がどのくらい頑張ってきたのか目で見て確認することができます。

手帳の月間マンスリーに習慣トラッカーを書こう!縦型カレンダー活用術縦型カレンダーとは? 私の使用しているプラチナダイアリーの月間マンスリーのページには、左側に日付が縦に並んだカレンダー付いてい...

番外編:誰かと一緒に運動する

ここまで手帳を使った運動の継続の仕方をご紹介しましたが、実は、誰かと一緒に運動することも、運動を続けやすいのでオススメの方法の一つです。

運動仲間を作れる環境であれば、誘ってみて一緒に運動を楽しんでみてはいかがでしょうか。

その際には、お互いの運動記録を見せ合ったりするのも良いですね。

まとめ

いかがでしたか?

手帳を使って運動を継続・習慣化する方法についてご紹介しました。

続けていれば、きっとあなたの暮らしの一部に、運動時間があることが当たり前になる日が来ることでしょう。

筋トレノートを手帳で書く方法!トレーニングの記録を付けよう!筋トレノートとは? 筋トレや運動の記録は、ぜひノートに残しておくことをオススメします。 ノートに書くと運動内容を忘れないだけでな...