おすすめ文具

「かどまるPRO」で角を丸くすると、ルーズリーフがキレイに保てる♪

用紙の角は直角□?それとも丸○?

お手持ちのノートやルーズリーフの「角(かど)」ってどうなってますか?

90°の直角ですか?それとも丸くカーブになっていますか?

多くの用紙の角は直角になっていますが、この角に注目してノートやルーズリーフを見ていくと、角に丸みがついているものもあることに気が付きます。

この丸みがあることで、用紙の角があたって「ぐちゃ」っと折れてしまうのを防ぐんですね。ノートやルーズリーフを長期間使用していても角をきれいに保つことができます。

角が丸いタイプが手に入らない場合は「かどまる」という文具を使うと簡単に綺麗なカーブにカットすることができます。

今回はこの「かどまる」についてご紹介します。

「かどまるPRO」で角を丸くしよう

「かどまる」とは?

名前の通り、「角(かど)を丸くする」ための文具です。ノート、写真、カードなどの角を簡単に丸くカットできる優れものです。

穴あけパンチのような要領で、「かどまる」に紙を挟んで上からガチャンと押すと、紙の角がカットされて丸くなります。

カットされた紙くずは、これも穴あけパンチのように「かどまる」の下側に溜まっていくので、下側に付いているカバーを外して捨てます。

「かどまるPRO」・「かどまるん」・「かどまる3」の違いは?

「かどまる」で調べてみると、「かどまるPRO」「かどまるん」「かどまる3」などが出てくると思います。それぞれ何が違うのでしょうか?

「かどまるPRO」は、カットできるサイズがL・M・Sの3サイズあり、カットする用紙のサイズに合わせた丸みの大きさを選ぶことができます。

「かどまる3」と「かどまるん」はカットできる大きさが1サイズで、「かどまる3」の後継品が「かどまるん」で、サイズがよりコンパクトになっています。

自宅に置いて使うのであれば、断然「かどまるPRO」がオススメです。

1サイズのみで良い、ペンケースに入れて持ち歩きたいという方は、「かどまるん」が良いですね。

「かどまるシリーズ」の違い

  • 「かどまるPRO」 → L・M・S(半径8・5・3㎜)の3サイズ
  • 「かどまる3」   → Mサイズ(半径5㎜)の1サイズのみ
  • 「かどまるん」  → Mサイズ(半径5㎜)の1サイズのみ【NEW!】

「かどまるPRO」の使い方

「かどまるPRO」は、カーブの大きさがL・M・S(半径8・5・3㎜)の3サイズあります。カットしたい用紙の大きさによってカットサイズを使い分けることができます。

  • L:ノートなど(半径8㎜)
  • M:写真、はがきなど(半径5㎜)
  • S:メッセージカード、名刺(半径3㎜)など

「かどまる」の一度にカットできる枚数3枚までなので、枚数が多い場合は3枚以下に分けてカットするようにします。

ラミネートされた用紙でもカットできます。(ラミネートありの場合は1枚まで)

カットしたい角を「かどまるPRO」のL・M・Sのうち、カットしたいサイズの場所に差し込みます。

グレーのハンドル部分を上から押さえるようにしてカットします。

カットすると、こんな感じに丸くなります。

ルーズリーフ・写真・カードなどにオススメ!

市販のルーズリーフでは角が丸いものも多いのですが、私のお気に入りの無印良品のルーズリーフは角が直角です。

家計簿用に無印良品のA4サイズの方眼ルーズリーフを使っており、その角を丸くするのに「かどまる」を使っています。

ルーズリーフをクリップボードに挟んで使う時に、角が折れてしまうのが悩みでしたが、「かどまるPRO」でルーズリーフの角を丸くカットするようになってからは、その悩みが解消されました。

ルーズリーフ以外にも写真やカードの角を丸くするだけで、とても可愛らしくなるので、自宅に1つあると重宝します。

アルバム作り、スクラップブッキング、カード作り、レシピノート、お店のメニューやPOP作りなどに活躍しますよ!