5年日記を『ニトムズ365デイズノート』で手作りする方法

5年日記をはじめたい!
市販品では気に入る日記が見つからなかったから、
手作りしてみようかな?


そんな方に、ニトムズ365デイズノートを使って5年日記を手作りする方法をご紹介します。

市販品の連用日記は「サイズが大きい」「重い」
と感じたので、A6サイズの小さな5年日記を作ることにしました。

実際に作ってみて、ページ配分やうるう年など
注意すべき点も分かりました。

ノートで5年日記を作る方法を探している方の参考になれば幸いです。

目次

5年日記を『ニトムズ365デイズノート』で手作りする方法

用意するもの

使用したのは以下のものです。

・ニトムズ 365デイズノート(A6サイズ、黒)
・青色マーカー
・ボールペン
・付箋紙

「ニトムズ 365デイズノート」は、名前の通り1年間使えるノートで、
実際には+3ページの368ページあります。

ページ数が半分の1/2イヤーノート(192ページ)
もありますので、間違えないよう注意。

たくさん書きたい方は、B6、A5、B6サイズなど、
大きいサイズにしても良いかもしれませんね。

トモエリバーという辞書に使われるような薄い紙を使用しているので、
たくさんのページがあっても薄くて軽いノートです。

色はブラック、レッドイエロー、ブルーがあります。
限定色:コバルトブルー、グリーン、ライトグレー(NEW!)

作り方

①ノートを開きやすくする

365日分のページがあると、ノートも分厚くなります。

そのままだとノートを開いた時に安定しないので、最初に開きグセをつけておきます。

表紙・背表紙をしっかりと奥まで開き、
ノートを4分割したあたりのページをギュッ、ギュッ、と開きます。

机に置いた時、ノートが開いたまま安定していればOK!

次からの作業がしやすくなり、日記を書く時にも安定して書きやすくなります。

②ページを1月~12月まで割り振る

ノートの小口にインデックスを付けたいので、
ページを12カ月分に分けます。

インデックスがいらない方は必要ない作業ですが、
インデックスがあると、結構便利なのでオススメです。
(作業はちょっと大変ですが)

ページを1カ月ごとに分け、ふせん紙で目印をつけていきます。

月によって30日までと31日までがあるので、
間違えないように気を付けてください。

また、4年に一度の『うるう年』もありますので、
2月29日のページも忘れずに!

(もし忘れてしまっても、12/31の次に付け足せばいいかな?)

③月ごとにインデックスを付ける

ノートの側面(小口)に1月~12月のインデックスを付けます。

ふせん紙で印を付けた1カ月ごとにマーカーで色を付けます。

月毎に1段ずらして色付けすると、
辞書のような階段状のインデックスができます。

ふせんを外したら完成!

連用日記に使えるノート

ニトムズ365デイズノート以外で連用日記に使えそうなノートをご紹介します。

SAKAEテクニカルペーパー 368p(A5サイズ)

こちらもトモエリバーを使用した、368ページあるノートです。

このノートは「方眼」と「ドット方眼」があります。
ドット方眼好きには嬉しいですね!

超微細のドットを集めた「ニューサブドットグリッド」という技術で
ドットや方眼が印刷されており、万年筆でもインクの抜けを軽減しています。

368ページあるのはA5サイズのみ。

まとめ

365デイズノートで5年日記を作る方法をご紹介しました。

手づくりすることで、自分で使いやすい日記に仕上がり、
とても使いやすく気に入っています。

毎日書く自信が無い方や、特定の記念日だけ日記をつけたい方は、
ルーズリーフで連用日記を作る方法もありますので、

ぜひご自身に合ったスタイルを探してみて下さい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる