手帳の作り方

手帳の作り方②|ダウンロードした手帳リフィルの印刷方法

当ブログでダウンロードした手帳リフィルの印刷方法についてです。

印刷方法は2通り

印刷方法は、下記の2通りあります。

  1. ルーズリーフに印刷する方法
  2. コピー用紙に印刷し、穴を開ける方法

ルーズリーフに直接印刷した方が手間がかからずカンタンです。

自宅にプリンターが無い場合は、コンビニのプリンターなどで印刷⇒カット⇒穴あけをすれば手帳にセットすることができます。

①ルーズリーフに印刷する方法

無地のルーズリーフを準備します。

私はこちらのマルマンルーズリーフA5サイズ【無地】を使っています。

用紙をセットする向き

プリンターの給紙トレーにルーズリーフをセットします。

印刷したいページが左側なら、ルーズリーフの穴も左向きにセットします。

プリンターの背面トレーでもカセット内でも、この向きは同じです。

  • 左ページを印刷⇒穴が左側になるようセット
  • 右ページを印刷⇒穴が右側

まとめて印刷したい場合

見開きのページを複数枚まとめて印刷したい場合は、最初の1ページだけ片面印刷し、2ページ目以降は両面印刷をすると簡単です。

  1. 左側の1ページ目を片面印刷します。(左ページなので、穴は左向き)
  2. 右側の2ページ目からは両面印刷します。(右ページから印刷するので、穴は右向き)
  3. 必要なページまで両面印刷していきます。

なので、給紙トレーに用紙をセットするときに、1枚目だけ穴は左向き、2枚目以降は穴は右向きにするとスムーズ!

②コピー用紙に印刷して穴を開ける方法

印刷と用紙カット

  • A5用紙に1ページ印刷
  • A4用紙に2ページ印刷して半分にカット

のいずれかの方法で行います。

コンビニプリントだとA5・A4で印刷料金が同じなので、A4用紙に印刷した方がお得です。(カットする手間はかかりますが)

※月間カレンダーはA4用紙に両面印刷できません。半分にカットしたあとに月の並びがチグハグになってしまいます。

リフィルに穴を開ける

ルーズリーフ用の穴、6穴、2穴など、使用するバインダーに合った穴を開けます。

写真はA5サイズの用紙に、ルーズリーフ用の穴を開けたものです。

ルーズリーフタイプ

6穴タイプ

6穴タイプならスリムな穴あけパンチもあります。

手帳にセットする

お好みの手帳にセットして下さい。

私はA5サイズのテフレーヌにセットしています。

私はリング部分が手に当たるのが苦手で、システム手帳が使えなかったのですが、このテフレーヌはほとんどリングが手にあたらないので快適に使えます。

左ページも書きやすいので気に入っています。リングが苦手な方は是非試してみて下さい!