手帳の作り方

〈手作り手帳〉の作り方⑤|インデックスを付ける

私は手帳のよく開くページに「インデックス付箋」を貼ってします。

フィルムタイプでしっかりとした作りなので、簡単にはヘニャヘニャになりません。

インデックスを使うと、手帳の目的ページにアクセスしやすくなりますよ♪

「インデックスシート」が使いにくい人にオススメ

手帳のインデックスといえば、こちらのようなページタイプのインデックスが一般的ですよね。

 

(「インデックスシート」というみたいです。)

私はこのインデックスシートがイマイチ使いこなせなかったので、付箋タイプの「インデックス付箋」に変えました。

 

使ってみたところ、私はインデックス付箋の方が相性が良かったです。

その理由は、

  • インデックスシートは「インデックスを摘まんで」ページを開く
  • インデックス付箋は「インデックスを押さえて」ページを開く

の違いです。

そして、個人的には後者の方が目的ページへのアクセスが早いと感じています。

インデックス付箋とは?

使っているのは無印良品のインデックス付箋の丸いタイプです。

▼インデックス付箋紙/フィルムタイプ丸型(20枚×4色)

角が丸くなっているので、角が折れにくくなっています。

店頭には、このほかにも四角タイプのインデックス付箋がありました。

インデックス付箋の特徴

普通の付箋紙と違って、半分くらい透明な部分があります。

透明部分のみ糊付けされていて、色のついている部分はページの外にはみ出すように貼ります。

ページ内は透明なので、文字が書いてある部分に貼っても読めます。

(たまに間違えて透明部分に文字を書いてしまうことがありますが・・・)

インデックス付箋の使い方

「年間」「月間」「週間」ページの中で現在使っているページにインデックス付箋を貼っています。

最小限のインデックスだけにして、迷わず開けるようにしています。

インデックス付箋のメリット・デメリット

メリット
  • 好きな場所に好きなだけ貼れる
  • 貼り直し・書き直し出来る
  • インデックスの移動がラク
デメリット
  • 何度も貼り直すと粘着力が落ちる
  • ボールペンや水性ペンでは書けない
  • 見た目がイマイチ?

「インデックスの移動がラク」なのが大きなメリットです。

特にウィークリーページは1週間ごとに新しいページに変わるので、その都度インデックスを移動するのが億劫だったので…(週に1度なのに)。

デメリットはあまり気にならないので、問題なく使えています。

インデックス付箋の種類

インデックス付箋は、フィルムタイプで厚みのあるものがオススメです。

 

紙製インデックス付箋だと、角が丸くてもすぐにグシャグシャになので、あまりオススメしません。

一方で、紙タイプ付箋はボールペンや水性ペンでも書けるので、頻繁に張り替えて使う方なら良いかもしれませんね。

さいごに

インデックスシートもおしゃれなデザインが豊富で素敵ですが、私はおしゃれなシートより手軽に使える付箋の方が合っていました。

もし、インデックスシートが使いにくく感じていてインデックスを付けたい方は、試してみてはいかがでしょうか。

▼ちなみに過去のインデックスはマステで作っていました

マスキングテープで手帳インデックスを綺麗に作る方法手帳にインデックスを付けよう! 手帳にインデックスを付けると、ページへのアクセスがグッと簡単になります。 手帳の後ろの方にあるメ...

関連記事

〈手作り手帳〉の作り方① | 好きなリフィルでストレスフリーな手帳ライフを楽しもう!

〈手作り手帳〉の作り方②|ダウンロードした手帳リフィルの印刷方法

〈手作り手帳〉の作り方③|表紙の付け方

〈手作り手帳〉の作り方④|ゴムバンドを付ける