手帳の作り方

〈手作り手帳〉の作り方④|ゴムバンドを付ける

手帳に簡単にゴムバンドを付ける方法をご紹介します。

完成形はこんな感じです。

手帳がラクに開け閉めできるよう、右下に斜めにゴムバンドを取り付けました。

斜めゴムバンドはカ.クリエのリングノートで見て、「あ、これ便利そう!」と思ったので取り入れてみました!

カ.クリエはゴムバンドが右上ですが、右下に付けたら開けやすくて結構便利です♪

▼参考にしたカ.クリエ リングノート

ゴムバンドの目的

一般的にはカバンの中で手帳が開かないようにするためのゴムバンド。

ゴムバンドを付けることで、カバンの中で手帳のスキマに物が入ってページがグシャっとなるのを防げます。

私の場合は、手帳として使っているテフレーヌに開きグセが付いてしまったので、閉じるためのパーツが必要でした。

使用したゴムバンド

使ったのはこちらのゴムバンド。

手帳カスタマイズ専用のゴムバンドで、両サイドに金具が付いています。

ハイタイドの「レプレカスタマイズ」というシリーズで、手帳カバーとゴム紐のカラーをカスタマイズできる商品です。

驚くのはその価格。なんと1つ55円!!(他の手帳バンドと比べると、安すぎてビックリ)

カラーは各18色と、色展開も豊富♪手帳の色に合わせて選べます。


(https://www.hightide-online.jp/ ハイタイドオンラインショップより)

サイズ表記とゴムの長さは以下の通りです。

ゴムバンドの長さは手帳サイズに合わせた27cm・28cm・31.8cmの3種類。

手帳タイプ サイズ ゴムバンド長さ
Aタイプ A6 27cm
Qタイプ B6スリム 28cm
Dタイプ スクエア 31.8cm

これだけ安くてカラーも豊富だと、何本もそろえたくなってしまいます…!

私はA5サイズのテフレーヌ用に、Qタイプのピーコックグリーンを使いました。
(私の購入時は25cmでしたが、今は28cmなので長さが変わったようです。)

ちなみに以前は下記のようなタイプのバンドを使ったことがあるのですが、何度も外れてしまったり、書く時に邪魔だったりでお蔵入りしてしまいました。

ゴムバンドの付け方

付け方はとても簡単。

2穴用の穴あけパンチを使って、テフレーヌの裏表紙に穴を開けます。

パンチの片方だけを使って、穴を1つずつ開けました。

やり直しが効かないので、事前にゴムバンドを付ける位置をしっかり決めてから作業します。

最初はいらないクリアファイルなどで実験するのも良いかも。

私は↓の写真の位置2カ所に穴を開けました。(ゴムの長さが変わっているので参考程度に。)

穴にゴムバンドを通します。

表側からゴムを引っ張ると、金具が引っかかってくれます。

ゴムバンドのメリット・デメリット

実際に使用してみて感じた、このゴムバンドのメリット・デメリットをまとめると、

メリット
  • 取り付け・取り外しが簡単で、ゴムバンドを使いまわせる。
  • 1本55円と安価。
  • カラーバリエーションが豊富。
  • 手帳を書く時に邪魔にならない。
デメリット
  • 手帳に穴が開く。
  • たま~に穴から外れる。
  • 金具部分が若干デコボコする。

といった感じです。

デメリットは私はさほど気にならないので、快適に使えています。

高価な手帳カバーだと流石に穴は開けたくありませんが(笑)、テフレーヌならゴムバンドの便利さの方が勝りますね。

ゴムバンドにペンを挟むこともできます♪

綴じノートやリングノートなど、他のノートでも取り入れられる方法です。

ゴムバンドを付けたい手帳やノートがある方は、ぜひお試しください。

関連記事

〈手作り手帳〉の作り方① | 好きなリフィルでストレスフリーな手帳ライフを楽しもう!

〈手作り手帳〉の作り方②|ダウンロードした手帳リフィルの印刷方法

〈手作り手帳〉の作り方③|表紙の付け方